遅ればせながら⋯
d0051304_23141685.jpg
あけましておめでとうございます。新年早々、体調不良で倒れてしまい悲惨なお正月を過ごしていました。わりと自分の健康を過信しているところがあったのですが、去年からトラブル続きなので年齢的にちょうど身体が変わる時期なのかも?去年以上に幸先の悪いスタートに戦々恐々としておりますが、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

発売中の『天然生活3月号』でSajiのwindow-marketを取材させていただきました。画像はそのときに出店されていた「まっちん」さんのわらびまんじゅう。パッケージのわらびの絵、素朴で味がありますよね。
この取材では奈良で無農薬野菜をつくられているKさんの畑にもお邪魔させていただいたのですが、野菜が実際に育っている姿を見たのって幼稚園の芋掘り以来だったかも。生姜が土の中から掘り出される瞬間など、その辺にふわーと爽やかな香りが漂ってクラクラ。食べること、働くこと、そしてお金を得ることについても、いろいろと考えてしまった取材でありました。清水奈緒さんの写真が、市のやわらかな雰囲気を絶妙に捉えていてとても素敵な誌面に仕上がっています(畑の撮影で、野菜を運ぶKさんの後ろをカメラを構えつつ脱兎のごとく走っていく清水さんの姿にカメラマン魂を見ました!)。よろしければぜひ、ご覧くださいませ→(Click!)サイトで中身が1部、見られるようになったようです。

■みんなの古本500冊
もう終了してしまいましたが、京都・恵文社一乗寺店で年末〜年明けにかけて開催された「冬の大蚤の市」に合わせて企画された冊子『みんなの古本500冊』に寄稿させていただきました。「あの有名女流作家の意外な著書」と「大人の階段のぼったあの頃 小学館ミニレディー百科シリーズ」という2テーマで書かせて頂いています。新書サイズのコンパクトな誌面にギッシリと古本の情報が詰まっていて本好き、活字好きにはたまらない仕上がり。読んでいると、古本界に足を踏み入れた初期の心の盛り上がりが再び蘇ってくるようでした。通販でも買えるようですので、興味ある方は是非→(Click!)

■ガーリー・グラフィックス
ピエブックスから発売中のデザイン書『ガーリー・グラフィックス』に、gris-gris03号をちょっこり(ホントにちょっこりですが⋯⋯)掲載して頂きました。デザイン業界の方以外はあまり見ない類の本かもしれませんが、映画『マリー・アントワネット』のDVDボックスとかいろいろ載ってて眺めるだけでも楽しい。ガーリー系の印刷物をつくってみたいと思っている方は是非→(Click!)
[PR]
by interlineaire | 2008-01-18 23:14 | Comments(2)
Commented by sumi at 2008-01-30 15:52 x
寒中見舞い申し上げマス。
たいへん体調を崩されていたようですが、もうお加減はよろしいんでしょうか?
コッソリ覗き見しつつ密かに心配しておりましたら、ワタクシメもぶっ倒れてしまい、復帰した今もシュン…としておりマス。
ところで生姜は掘り出されると香るんですねー! それを読んで、なんだかいいなぁ…と思ったので、「天然生活」をチェックしてみマス。
職業柄、体力必至なので、自然の空気をめいいっぱい吸い込んで少々、からだを癒してみたい気分になりつつ…。
まだまだ寒いので、無理なさらぬようお体労りつつ、ガムばってくださいマセ。では。
Commented by interlineaire at 2008-01-31 18:52
>sumiさん
お久しぶりです。寒中お見舞い申し上げます。
おかげさまで、だいぶ復活してまいりました。
sumiさんも体調崩されていたとは!
寒いといろいろ不調になりますよね。
この冬でなんだか一気に老いた気がしております、、(笑
やはり、ストレスと昼夜半転みたいな生活がダメだったみたい。
今年は早寝早起&3食きちんと食べる、と小学生の夏休みのような
目標を掲げてがんばります。
「天然生活」是非。我が家では生姜の消費量がすごいので
自分で育てられるって羨ましいなと思いました。
新鮮な生姜、美味でした。
<< マルティの夕べ 天然生活2月号 >>