ホラータウン
d0051304_237070.jpgまたまた、間があいてしまいました。すっかり暑くなりましたね。今日はわけあって、市内の平野区というところへいってきました。大阪にまだこんな古い町並みが残っていたなんて⋯と驚くようなレトロタウン。
商店街には「ホームラン焼き」という謎のファストフードがあったり、町の中央にある全興寺というお寺には「地獄の釜の音が聞こえる石」があったりと、市内とは思えない不思議スポットでもありました。お寺ではピンクの蓮の花が満開の1歩手前で、いま最もきれいな時期。
そういえば最近、韓国の美少女ホラー「箪笥」を遅ればせながら見たのですが、美しい姉妹の名前スミ&スヨンは韓国語で姉が「薔薇」、妹が「睡蓮」を意味するそう。家族間の憎しみを描いた作品で、映画のイントロで「紅蓮の薔薇⋯」というモノローグが入るのですが、「紅蓮」とは真赤なハスの花の意で、炎の色、さらに「地獄」も意味することからのネーミング?韓国の古典「薔花紅蓮伝」をベースにしているそうですが、男の存在感がうすく、女同士の濃い関係を重点的に描いてるところにかなり魅かれます。

d0051304_382812.jpgちなみに、この画像(←)は町のはずれにある小さな紳士服店のショウウインドウに飾ってあった、これもちょいホラー?な外国人のおじいさん人形。写真ではわかりにくいのですがふつうのマネキンの2倍はある巨大さで、子供なら見上げるほどの堂々たる紳士なのです。青い目に黒いスーツ、ソフト帽姿は植田正治の写真に出てくる人物のよう⋯。砂浜に立たせて黒いこうもり傘をもたせ、モノクロで写真撮りたいです。
大阪府下にもまだまだ知らないところがいっぱいありますね。帰途、平野区の名物らしき「亀まんじゅう」もしっかり買って帰りました。


追記:
この(↑)フロックコート姿のおじいさん人形ですが、後日、実はすごいお宝だったことが判明。1970年の大阪万博にて「せんい館」に展示されていたもので、四谷シモン氏の「ルネ・マグリットの男」という作品なんですって!当時はこのソフト帽からレーザー光線を出したり、不思議な言葉で来場者に語りかけたりもしていたようです。同じものが20体あって、閉幕後雨ざらしの状態で捨てられていたのを拾ってきたものだそう(想像するともったいなくて卒倒しそう!!)。
せんい館といえば横尾忠則、松本俊夫などの錚々たるアーティストたちが関わっていたことでも有名ですよねー。タイムスリップして1館だけ見せてあげるといわれたら『せんい館』がいいなぁと思いました。詳細が知りたい方&現地まで見にいってみたい方はコチラへどうぞ。
[PR]
by interlineaire | 2005-06-27 03:59 | Comments(4)
Commented by choco at 2005-06-27 18:59 x
こんにちは。
エルマガジン見ました!
近代ナリコさんの「インテリア・オブ・ミー」本当に楽しみです。
Commented by interlineaire at 2005-07-05 23:08
>chocoさん
こんにちは。レス遅れてしまいました。
オマケでついている栞とミニフリペ(modern juice extra)
も絶妙ですよね。このところ、暑いせいか体調激悪です。
chocoさんも夏バテにはお気をつけて⋯
Commented by komihei at 2005-08-16 23:42 x
関西には今月末に3日ほど行く予定です。bibliomaniaさんのこのページの情報を利用し楽しくしたいと思います。感謝します。とりあえず平野区行こうかと思ってます。その他奈良生駒山、京都トロッコなど考えます。暑いですが元気で体調に気をつけてまた良い情報をUPしてください。
Commented by interlineaire at 2005-08-17 16:31
>komiheiさん
こんにちは〜。コメントありがとうございます!
平野区、わざわざ行く価値があるかどうか不安が残りますが
妙な風情があることだけは事実ですので是非。
京都トロッコはいいですね〜。3日で3都市ってすごい
盛りだくさんな感じですね!道中お気をつけくださいね。
<< 木テーブル マリア忌の日、京都で >>