シスターのいちにち。
d0051304_16521243.jpg

京都・錦市場の近くにある《タキノ》という酒屋さんで売っている、全国の修道院でつくられているシスター達お手製のクッキーやガレット。先日、久しぶりに下鴨の古本市へ行った帰り、念願叶って立ち寄ることができました。パリにもそういえば修道院製のお菓子を扱う専門店があったなー、と思い出しながら。現・店主のお父様(先代)がカトリックに関係があったことから、もう50年ほども前から取り扱っているそう。最初は商売というより親切心から売っていたそうなのですが、50年のあいだにだんだん商品点数が増えていき、今ではメインの扱いとなっている模様。焼き菓子のほか、有名な北海道のトラピストバターや、ギモーブ、みかんのジャム、ミサ用のワインまであって驚き。

ですが、『暮しの手帖』2月号の「シスターのいちにち。」という記事を読んで魅かれていた「伊万里トラピスチヌ(シトー会)修道院」のマドレーヌは、残念ながら夏季は保存の問題でお休みしているとのこと(涙)。秋になって涼しくなったら、また入荷するそうですが……。このマドレーヌを暮しの手帖編集部がお取り寄せしたところ、あまりにおいしかったことが取材のきっかけになったそう。記事そのものも素晴らしかったのですが、編集後記にあった松浦弥太郎氏の「読者ひとりひとりの家を訪問し、膝をつきあわせて、見てきたことすべてをお話したいほど感動した取材だった」という率直なコメントにも打たれました。思わずわが身を振り返ってみても、ここまで思える取材ってなかなかないと思います。

d0051304_18273556.jpgところで、肝心の下鴨古本市ですが、暑さでぼーっとしてしまいほとんど収穫がありませんでした。でも、あとで行った人のブログなど見ると「えっ、こんな本があったの?」と驚くようなものをちゃんと買っている方もいらしたので、まだまだ修行(眼力&体力)が足りないのかもしれません。あと、今さらですが、買った本を入れてくれるビニール袋が実はとてもかわいいことを再発見(→)。書斎で本を選ぶビアズレー風の乙女の絵が描かれてます。

・タキノ酒店 京都市中京区錦小路通烏丸東入元法然寺町691
 TEL(075)221-0976 10時〜20時 土日祝休
[PR]
by interlineaire | 2009-08-15 16:52 | Comments(0)
<< わるくちのすきな女の子 天然生活8月号 >>