<   2012年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧
夢二の小径
d0051304_15235676.jpg
遅ればせながら、友人を誘って清水寺へ初詣に行ってきました。昨年末に京都国立近代美術館で「川西英コレクション」の夢二展を観たこともあって、この日のもうひとつのテーマは夢二ゆかりの地めぐり。二年坂は夢二が恋人の彦乃と一緒に住んでいたことで有名ですが(寓居跡の石碑が立っています)、ザ・観光地ということもあって、近くに住んでいるとかえって行かないものです……。

お昼近くに集合で、ランチは洋館好き必見の「夢二カフェ 五龍閣」。京都大学時計台なども手掛けた武田五一さんの設計した大正時代の建物(元は個人の邸宅で、迎賓館としても使われていたそう)が、たまらなくロマンティックです。そろそろ1月も終わろうとしていますが、この日も着物姿のかわいい乙女たちでにぎわっていました。

このサンルームでお庭の噴水をのんびりと眺めながら、堀川ごぼうや伏見とうがらしといった京野菜を添えたハンバーグ、カレーなどをいただくことができます。経営は湯豆腐の『順正』なので、サラダにもお豆腐がのっていたり、食後のドリンクも豆乳コーヒーというのがあって美味でした。
d0051304_16294362.jpg
天井のすぐ下にある、鳩のステンドグラスは1枚、1枚図案が違うのです。飾ってある夢二作品は『婦人グラフ』などの雑誌の表紙を額装したものなどが多かったのですが、暖炉や燭台、チャーチチェアなどのある内装とぴったりマッチしていました。

夢二といえば、日本初の雑貨屋さんといわれる「港屋」を開いたことでも知られますが、少年時代の東郷青児が一時期、この「港屋」で夢二の絵の写し(半襟などの)をしていたといわれています。
東郷本の制作中に、東京・雑司ヶ谷霊園にあるお墓参りに行ったのですが、同じところに夢二も眠っているということで探してみたところ、東郷家之墓はそれなりに立派なお墓でちゃんと経歴を刻んだ石碑なども立っていたのに、夢二のはびっくりするほど小さく質素なお墓で見つけるのに苦労した記憶があります。

もっと巡ってみたい方はこちらへ
[PR]
by interlineaire | 2012-01-23 15:24 | Comments(0)
アンネの薔薇の教会
d0051304_13143981.jpg
そういえば、新年のごあいさつがまだでした。2012年、今年もどうぞよろしくお願い致します。年明け入稿のものがいくつかあったので、undersonではお正月らしいことはほぼせぬまま……。ここに来て、すこし余裕が出てきたので、やっとひと息ついてゆっくりした日々を過ごしています。

そこで遅蒔きながら、昨年5月に訪れた兵庫県の『アンネの薔薇の教会』のことを書いてみたいと思います。ある方から見せていただいた80年代の『オリーブ』で存在を知り、どうせなら薔薇が咲く5月に行きたい……と半年以上待って、やっと訪れることができたのです。

アンネ像、小雨が降る日だったのでちょっと淋しげです。彼女を取り囲むようにして咲いているのが、ベルギーの育種家がアンネのイメージでつくったという“アンネの薔薇”。
台座には「(神様が長生きさせてくださるなら)世界と人類のために働きます」というアンネの言葉が、父親であるオットー・フランク氏の直筆文字で刻まれています。

こじんまりとかわいい教会の内部へ
[PR]
by interlineaire | 2012-01-17 13:17 | Comments(0)
キタノ・サーカス
d0051304_18174540.jpg
打ち合わせその他で神戸・三宮へ。早めに終わったので、甲斐みのりさんの『神戸ロマンチック案内』を読んでこころに残っていた、異人館通りにある『キタノサーカス』へ行ってきました。村上春樹のATG映画化作品、『風の歌を聴け』(1981年 小林薫、真行寺君枝出演)で「彼女の家」として撮影が行われた場所というので、気になっていたのです。蔦のからまるなんとも素敵なマンションの入口に、洒落た看板が出ていました。
喫茶もやっているとのことで入ってみたのですが、基本はアルゼンチン・タンゴのサロンとしてレッスンなどを行っている場所ということで、私は完全に「招かれざる客」……。しかし、ダンディーで優しいマスターが気さくに話し掛けてくれてほっとひと安心。

部屋の中に入ってみたい人はこちら
[PR]
by interlineaire | 2012-01-17 00:19 | Comments(0)