<   2010年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧
こんな風に過ぎて行くのなら
d0051304_16514713.jpg
2010年もあっというまにひと月が過ぎようとしていますが、あいもかわらず原稿書きに追われています。人生を一日にたとえるとしたら、私は今何時頃なんだろう?なんてことをよく考えるのですが、今までは明らかに「午前中」だったけど、ぼんやりしているうちにそろそろお昼が近付いているのでは……と思うと今さらながら驚いたり、焦ったり。

ところで最近、ショックだったのは浅川マキさんの訃報。ちょうどエッセイ集『こんな風に過ぎて行くのなら』を読んで、あまりに自分にしっくりくるのに驚いていたところでした。乙女系を装いつつ、どうしても根はアングラな私です……。ビリー・ホリディや宇野千代、野中ユリについての記述のほか、特にすてきだったのは、彼女が神戸で定宿にしていたという古びたホテルについての、まるで小説のような一節。抜粋すると、

「女主人は年老いた品の良い美しいひとで、少しびっこをひいていて、突然に行ってもあき部屋はある。それでも時々船員が泊まりに来て、このホテルは何とかやっているらしかった。今年に入ってわたしはもう何度か同じ部屋に泊まった。1915年に描いた絵が飾ってあって、着物を着た美しい女が本を読んでいるもので、その絵はこのホテルの女主人の若い頃に違いなかった。
泊り賃の安さはともかく、この女主人はホテルが古いまんまな事をちょっぴり気にかけていた。実際、わたしはこの部屋に座っているだけで、心地よく腐って行くように思えて来るのだった」

60才を越えても巡業しながら旅に生き、倒れたのもホテルの一室。永遠の流れ者ということばが似合う方だったと思います。大阪や京都の公演でも仲間達から離れて必ずそこに泊まっていたそうで、彼女にとってもはやそのホテルは「泊まる」というより、「帰っていく」場所だったのだとか。具体的な名称や所在地は残念ながら何も記されていなかったのですが、いったい、どこのホテルだったのでしょう。といっても1972年に書かれた文章なので、もうとっくになくなっているか、あったとしても建て直されているのかもしれませんね。マキさんの歌では『ふしあわせという名の猫』が好きです。

*画像は最近、よく出没している北浜のエルマーズグリーンカフェ。京都『カフェ工船』の豆を使ったおいしいコーヒーと、エルマー少年?をイメージした巨大なクッキー。
[PR]
by interlineaire | 2010-01-19 16:52 | Comments(2)
2010年 あけましておめでとうございます。
d0051304_2464313.jpg
今年は久々に京都・伏見稲荷へ行ってきました。とにかく寒いのとものすごい人出で、あの有名な赤い鳥居のある山頂までは結局行かずじまいでしたが、きつねせんべいを買ったり、甘酒を飲んだり、骨董市を見たりして「ニッポンのお正月」を堪能。

お休み中は、白洲正子関係の本をまとめて読みました。古いものが好きで、お料理や器に興味のある人なら白洲正子は避けては通れない存在だと思うのですが、なんとなくいかめしい感じがしてこれまで手を出せず、鶴川の《武相荘》などもまだ未体験だった私。で、この機会にいろいろ読んでみたのですが、正子の本では『美しくなるにつれて若くなる』というエッセイ集とか、あとはやっぱり娘の桂子さんが書いた本がおもしろかった。
『白洲次郎・正子の食卓』と、姉妹版の『白洲次郎・正子の夕餉』、ほか昨年のドラマの原案にもなったという『次郎と正子 娘が語る素顔の白洲家』などなど。今の感覚だと器好き=料理好きだと思うのですが、お姫様育ちの正子にこれはあたらなかったようで料理は一切できなかったというのもこれらの本で初めて知ったこと。

が、いちばん衝撃的だったのが『夕餉』の巻末に載っていた桂子さんのあとがき。晩年に正子が外で「お腹が空いた」と言い出したとき、やむをえずコンビニのおにぎりと味噌汁とか、サンドイッチにペットボトルの紅茶を買ってくることもあったとか。正子はコンビニおにぎりの、海苔を湿気させないようフィルムをあいだに挟んである工夫などにいたく感心していたそう。白洲正子がコンビニおにぎりを好んでいたなんて、信じられません……。

ちなみに正子は「手作り」「絵手紙」「レシピ」という言葉が嫌いだったそうで、これ、感覚的にすごくわかる気が……(笑)。きっと、美しくはなくとも心がこもっているからいい、といったゆるいセンスが許せないというか、プロフェッショナルでないものが嫌いだったのかもしれませんね。
[PR]
by interlineaire | 2010-01-02 02:43 | Comments(0)