<   2009年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧
恋人よ、世界の果てから僕は来た
d0051304_238129.jpg
今だソフト化されていない幻のジュリー映画、『パリの哀愁』(1976年)を観るためシネ・ヌーヴォへ。カメラを忘れて携帯で撮ったので画像が不鮮明で恐縮なのですが、ロビーにジュリーin Parisのすてきスナップがいっぱい貼ってありました。お客さんは現役でファンだったと思われる年輩マダムのグループが多かったのですが、キャーキャー言いながらみんなで写メを撮っている姿がかわいらしかったです。
パリに住む画学生であるジュリーが年上で人妻のパリジェンヌ、マリーと禁断の恋をして……という、なつかしの少女漫画のようなストーリー。あまりに唐突すぎる展開(マリーが突然、崖から海に転落したりとか)に、観客席では時おり失笑がもれたりもしていましたが、ジュリーの一挙手一投足、表情のひとつひとつがきらきらと輝いていて、多少のB級感を補って余りありすぎました……。

アコーディオン弾きや古めかしいカフェやバー、南仏の海でのバカンスといった「日本人が憧れるパリ」も満載。ジュリーが住むアパルトマンの部屋も、画集がいっぱい並べてあったりして素敵だったなぁ。ノスタルジックな30年前のパリの街並みを背景に、コテコテの大阪弁(京都弁?)でナンパしたりするシーンのギャップもおもしろかった。男っぽい関西弁が意外なほどセクシーでした……。女性以上に妖艶だったりもする彼ですが、自分の美しさに無頓着そうなところがいいです。もう1回くらい観たかったのに、最終日のレイトショーという駆け込み観賞だったため断念。パリが舞台の映画で好きなのを挙げて、と聞かれることがあったとしたら絶対入れたいフェイバリットです。

*ジュリーのフランスでのヒット曲といえば、「mon amour Je VIENS DU BOUT DU MONDE(恋人よ、世界の果てから僕は来た」)」が有名だけど、私が好きなのは「Julie Love」という曲→(Click!)。あまり売れなかったそうですが、これぞフレンチポップ!という感じでとってもかわいい。あと、この宝塚の男役のような映像も気に入っています→(Click!)
[PR]
by interlineaire | 2009-11-28 01:31 | Comments(2)
文化系女子のための少女漫画案内
d0051304_22291760.jpg
11月11日発売の『文化系女子のための少女漫画案内』(mille books)に極私的レビューを寄稿させていただいております。私は少女時代にお人形遊びが病的なまでに好きだったことから、「人形愛」というちょい変化球なテーマで書かせていただきました(市松人形とかではなく、おもにビスクドール系)。中でも曽祢まさこさんの『ジェニーの微笑』は、80年代から今なおずーっと忘れられない作品だったので、このようなかたちでご紹介できてとってもうれしい。この頃の彼女の作品に出てくる少女は大きなリボンにくるくる巻毛とかで、まるでバースデーケーキの上の砂糖菓子のようにかわいいのです。

個人的には、野中モモさんの「マーメイド」をテーマにしたセレクトがツボでした。モモさんの「少女漫画とは、『人魚姫をいかに幸福にするか』という問いへのそれぞれの回答なのかも」という一節には深く納得。ちなみに、私が好きだったマーメイド少女漫画は、なんといってもいがらしゆみこさんの『おませな人魚姫』!でした。

d0051304_22113995.jpgなお、巻末のアンケートでは皆さんたいてい2〜3行とかで簡潔に答えていらっしゃるのに、1人だけ長文でえんえん熱く語ってしまっておりすみません……。この部分は校正などが特になかったため、サンプルが届いて初めて読んだときはひとり赤面。でも、このページ本当におもしろいので、読者の方々は「好きな男性登場人物」や「記憶に残るセリフ・シーン」など、自分ならどう答えるかを考えながら読むと楽しいと思います。お世辞抜きで本当に良い本。末席に参加させていただき光栄でした。woman exciteにて紹介文を書きましたので、詳しくはそちらで是非→(Click!)

*画像は本日、取材で久しぶりにお邪魔した fait en bonbonさんの店内。お菓子と少女漫画は乙女が愛する永遠の2大アイテム!ですよね。今回惜しくもご紹介できなかったレトロな少女漫画を、「ひとり少女漫画まつり」と題し、blogで更新していけたらと企み中です。すでに年末に向けて忙しさがピークに入っており、いつになることやらわかりませんが……よろしければたまにのぞいてみてくださいね。
[PR]
by interlineaire | 2009-11-12 21:46 | Comments(2)
灯しびとの集い
d0051304_1485511.jpg
2日目にunderson氏とちらりとのぞいてきました。画像は富井貴志さんのオブジェのような木製スプーン&フォーク。汗だくになるほどの暑さから一転してどしゃ降りの雨となり、大慌てで退散したので作家さんやスタッフの方々ともほとんどお話できなかったのが残念。
スローライフ誌でおなじみのあんな人やこんな人、『ナチュリラ』『リンネル』なお客さんで賑わっていて(リネン+チェック率異様に高し)、この人たちはみんな家では玄米を炊いたりパンを焼いたりしてていねいに暮らしているのかしら……と思わず羨望のまなざしで見つめてしまいました。

その他、イベントの模様&よもやま話など
[PR]
by interlineaire | 2009-11-02 01:36 | Comments(0)