<   2007年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧
Dreaming ballerina 夢みるバレリーナ
d0051304_163231.jpg
古本のエントリーはずいぶん久しぶり。最近、見つけた『夢みるバレリーナ』(サンリオ出版・1978年)。文章は森下洋子さん、写真は西川治さんがパリのオペラ座とミラノのスカラ座にあるバレエ学校を訪れて撮影したもの。ロマンティックなバレエのレッスン風景を集めた、美しすぎる小さな写真集です。未来のバレリーナ達のひたむきで真剣な表情が魅力的。私と同世代の方なら、少女時代に森下洋子さんに憧れてバレエを習っていたという女性は多いんじゃないでしょうか。
「踊ることがうれしくて 楽しくてしようがなかった私の小さい頃 トゥ・シューズを宝物のように 大切にあたためてはいた 北風の吹く寒い日」からはじまる本書は、森下さんがバレエをはじめたきっかけやレッスンへの考え方などが、詩のようなやさしい文章で綴られています。
d0051304_1633647.jpg
残念ながらバレエは習ったことがなかった私ですが、小学校からの親友がずっと習っており彼女の発表会を見にいったり、踊れもしないのに衣装だけ着させてもらって、ポーズをとって遊んでいた懐かしい思い出があります。至近距離で見るとドラッグクイーンのような、舞台用メイクなどもひそかな憧れでした。
ところで、もはや定番のRepetto公式サイトを初めて見てみたのですが、ストーリー仕立てになっていて、さすがにものすごくすてきですね。完成された、映画のような世界。ですが、バレエ用品に興味がわいて色々調べてみたところ、国内メーカーのキッチュさも捨て難い⋯⋯と、思うようになりました。チャコットなどの有名メーカー以外で特に気になっているのがピィー・カブという元・宝塚スターの方がデザインされているブランド。中でも衝撃的だったのが、このチュチュ型トートバッグ。基本的に子ども用ですが、レッスンバッグやトゥシューズくつしたなど、大人でも使えそうなものも。持ち歩くのはさすがに無理としても、ルームシューズ入れやメイク道具入れとしてなら使えるかも?
[PR]
by interlineaire | 2007-09-19 16:13 | Comments(0)
On the Railroad 女子と鉄道
d0051304_15112626.jpg
以前にも書いた大阪交通科学館。最初は取材で訪れたのですが、自分が意外とのりもの関係が好きだということに気付き、「旅に出たいけれど、それが叶わないとき」空想の旅気分が味わえる場所として、個人的にも時々訪れてはぼーっとしています。新幹線車両(もちろん動きませんが)の中で駅弁を味わえるレストランがあったり、明治時代の駅舎を映画のセットのように屋内に再現してあったりと「過去への旅」が味わえるのもすてきなところ。そういえば、ちょっと前に『華麗なる一族』で木村拓哉さんが昭和初期の新幹線車両にのるシーンを撮るため、この施設に来阪されていたというのも話題になっていましたっけ。
d0051304_16524062.jpg
先日、家人には「鉄子」とバカにされつつ(?)ついに恥ずかしながら古い寝台車を探検するツアーにも参加してしまいました。木製の窓や日除け、座席、ランプ⋯⋯とても素敵でうっとり。こんな列車の窓から田園風景を眺めたり、寝台車で眠って朝を迎えたあと、食堂車で朝食なんか食べられたら最高でしょうね。メイン画像の「二等寝台」は昼間は向かい合わせの座席になっているのですが、夜になるとこれがベッドになり、さらに上の棚のようなものがバタンと開いてそのまま二段ベッドのように使える折りたたみ式。アメリカで考案された仕組みだそうで、すごく機能的で洒落てます。「一等寝台」は個室がそのまま移動している感じでソファやストーブなどもあり、さすがにゆったりと快適な空間でした。天皇陛下もかつて、この「一等寝台」にのって旅をされたことがあったそう。旅というものが今よりもっともっと贅沢で優雅で、とくべつな体験だった時代へと思いを馳せました。帰宅後、酒井順子さんの『女子と鉄道』を読んでけっこう共感できるところがあり深みにはまりそうな自分が恐ろしかった次第です。でも、時刻表は今だに読めませんが⋯⋯。
[PR]
by interlineaire | 2007-09-06 04:21 | Comments(6)