<   2007年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧
Why Cats paint? 猫はなぜ絵を描くのか
d0051304_047319.jpg
某L誌の編集Iさんの猫、ジョアンを数日前から我が家で預かっています。もう3度目なのですがとってもおとなしくてかしこい猫なので、預かるたび驚きです。なぜか顔を隠しながら眠る姿がたまらなく可愛い(↓)。夢の中で顔を洗っているのかしら?

d0051304_12582756.jpgそういえば、何年か前に日本でも『why cats paint? 猫はなぜ絵を描くのか』というタイトルで発売されていた本のweb版を発見しました(Click!)。猫がソファをボロボロにしたりするのをアブストラクト・アートと言ったり、冗談か本気かわからない本だなと思っていたのですが、実はmonpaというれっきとした博物館監修の本だったみたい。Documentryというコンテンツでは、実際に猫が絵を描いている映像が見れます。衝撃!ミュージアムショップの『Dancing with cats 猫と踊ろう』という写真集やCD、ノートも気になります。過去に私が実家で飼っていた猫達には絵画やダンスなどの芸術的才能は皆無でしたけど⋯⋯。

■天然生活 10月号「木村衣有子さんのずっと通いたい本屋さん」で京都・恵文社を取材させて頂きました。大学時代に恵文社スタッフだったという木村さんと一緒に現在の恵文社の魅力を探ったり、当時の思い出を伺ったりしています。オンラインSHOPをよく見ているという方は多いのではと思いますが実店舗には“京都的”としか言いようのないような独特の空気感があり、そこが上手く伝わればと願う次第。木村さんはじめ店長の堀部さん、スタッフの能邨さん、椹木さんのお話もとてもおもしろくて恵文社の底力を実感しました。やっぱり店は人なり、ですねえ。カメラマンはUNDERSONではおなじみの伊東俊介さん。

連載の方もよろしくお願いいたします。今回は「なくした時間はどこへ?わたしの中のモモを探して」と題して、本当のスローライフってなんだろう?なんてことをあれこれ考えてみました。ミヒャエル・エンデの『モモ』は愛蔵版なども出てあまりに有名ですが、もう1冊『糖尿病S氏の豊かな食卓』といういっぷう変わった料理本もあわせて紹介しています。地味ですが、とても思い入れのある本。女性の暮らしとは切っても切り離せない料理することや時間というものをどう捉えて日々を過ごしていくのかということについて、ここ数年で最も影響を受けた本でもあります。よろしければ、ぜひご覧になってください。
[PR]
by interlineaire | 2007-08-22 00:47 | Comments(4)
暑中お見舞い申し上げます。
d0051304_154568.jpg
またまた、御無沙汰してしまいました。暑いですが、お元気ですか。昨年、私のイベントにきてくださったお客さんのNさんが京都の恵文社の近くにフレンチ雑貨屋さんをオープンされたというので早速のぞきにいってきました。Marilu(マリルー)という名前で、町家を1歩入るとサーモンピンクの壁にシャンデリア⋯という空間が広がっており、秘密の屋根裏部屋といった趣き。奥の部屋がギャラリーになっていて、DMを見て素敵だなと思っていた古川明佳さんの作品展が開かれていました。ネコとシカのポストカード購入。古川さんはもともと、あまり人物は描かれなかったそうなのですが、架空の少女Mariluのイメージ画があまりに素敵だったので(Mariluサイトで見れますのでぜひご覧あれ)、もっと彼女の描く少女像が見てみたい⋯そんなふうに思いました。
(店内の写真も撮らせてもらったのですが、どういうわけかこの日の写真はことごとく失敗していてショック。Nさんせっかく撮らせていただいたのにスミマセン⋯)

実はこの日は下鴨古本市の初日だったのですが、一昨年にいってあまりにも暑くてへろへろになってしまったため、今年は最初からリタイア。古本市へいっていた箱庭幸田さん&とらんぷ堂さんと合流して夜の「すむーすの会」だけ参加しました。ふだん、お書きになるものやブログ等でしか知らないあんな人やこんな人がいっぱいで固まり気味だった私ですが、皆さん気さくにお話してくださり楽しゅうございました。2次会の場所はなんと、四条からほど近いところにあるお寺でした。茶室に感動。
深夜、80年代関西アングラ音楽シーンに詳しい幸田さんに、例の暴力事件でこのところ
時の人?となってる町田町蔵(現・町田康)の当時の逸話を聞かせて頂きながら帰宅。

d0051304_40152.jpg※画像は例によって日記の内容とは無関係。暑い時期、手みやげとして大活躍する大阪名物・北極のアイスキヤンデー。棒の木はヒノキを使っているそう。改めてみるとすごくモダンで素敵なパッケージです。北極には実は灰皿とか湯のみなどのグッズもあるって知ってました?灰皿は400円という安さでこのかわいさ。喫煙者ではないのに即買いです。
[PR]
by interlineaire | 2007-08-14 01:56 | Comments(2)