大好きな夏なのに
d0051304_194212100.jpg
今年の夏はなんかんだで慌ただしく過ぎ、undersonでは特に夏らしいことをせぬまま終わってしまいました……。画像はそんななかの数少ない夏の思い出、久々に訪れた、三宮にある「にしむら珈琲店」の氷アイスコーヒー。神戸には打ち合わせ等でしょっ中、来ているけど山側にはあまり行かないので、北野坂を登るのもずいぶん久しぶりのこと。古き良き時代の神戸の面影を残す大好きなお店です。このところ、一眼レフの練習をしているので、やや緊張しながら撮影してみました。

d0051304_22423011.jpg
あいかわらず素敵だった店内。ブルーグリーンにお花が描かれた、床の絨毯の色柄もかわいい。暖炉の上に、マリー・ローランサンの絵が飾ってあったのもうれしかった。年配の男性スタッフさんのホスピタリティもすばらしく、静かな時間を過ごせました。

d0051304_2154442.jpgアイスコーヒーのおともは、この夏の極私的な課題図書(→)、「少女は本を読んで大人になる」(現代企画室)。久々に読み終えるのがもったいないと思えた珠玉の一冊でした。女性がどのように本と出合い、自分らしく生きるための糧としていくのか、という幸福な読書体験の記録です。好きな本について、ものを書くときのお手本としても役立ちそう。各章の終わりに、サンドイッチのレシピがついているのもうれしい。高村光太郎の「レモン哀歌」にインスピレーションを受けたという、「トパアズ色の香気」を感じる、レモン風味のたまごサンド、つくってみよう。




d0051304_142759.jpg
お昼ごはんは、新開地にある老舗、「割烹 大力」へ。イラストレーター・谷口真由美さんのご実家だそう。昼間は母娘、おふたりで切り盛りされていました。
昔、この界隈はお相撲の巡業地のひとつだったらしく、「大力」もお相撲さん御用達の割烹だったそう。そのため、入口にまわしをつけた信楽たぬきがいたり、軍杯団扇が箸置きやついたての模様になっていたりと、いたるところにお相撲のモチーフがあしらわれていました。
d0051304_1432427.jpg
中央にある、茶そばを巻いたそば寿司が名物だそうで、初めて食べましたがなかなかおいしいものですね。すっかり気に入ったので、お土産にも買って帰りました。他のお惣菜も「まろやか豆じゃが」「ネギと油揚げの和えもの」など、久々においしいものを食べた!という満足感が。一見家庭的なお惣菜に見えますが、プロの緊張感を感じる味わいでした……。

もう何年ぶり?という「喫茶エデン」にも久々に立ち寄りました。初めて知ったのは、確か嶽本野ばらさんのサイトにまだ掲示板があった頃、読者のあいだで話題になっていたことからでした……。陽気なマスターが調度品の説明や、「松本家の休日」の収録があった話などをしてくださり、楽しいひとときでした。

d0051304_1565923.jpg
d0051304_1984792.jpg

d0051304_158096.jpg
d0051304_1581369.jpg
訪れるたび、観るのが楽しみな歴代のマッチデザイン。上には、マドラス風ファッションが格好いい先代マスターの写真が飾られています。マッチは「エデン」という店名にちなんでアダムとイブや、知恵の実であるりんごをあしらったものなど、素敵なデザインばかり。内装は船室をイメージしているとのことで、ノアの箱船を思わせます。

d0051304_3275824.jpg
おまけ。神戸ポートピアホテルの2階に飾ってある、“神戸の仙人”こと石阪春生先生の大作(↑)。少女、猫、洋館、アンティークのお人形などモダンで異国的で、私にとって神戸のイメージそのものです。この絵のなかの街に住みたい……。初夏にホテルのギャラリーで開かれた個展にもおじゃましたのですが、ご本人もいらしたので緊張気味。ポストカードなどがあれば欲しかったのですが、そういったものはつくっておられないようでした……。

d0051304_3313541.jpg最近気に入っている、かわいい神戸みやげ。チーズ好きにはたまらない、弓削牧場のフロマージュ・フレ&カマンベール。元町の大丸地下で曜日限定販売なのでなかなかタイミングが合わないのが難点なのですが、「イスズベーカリー」のパン&「エビアン」のコーヒー豆とともに定番にしたい一品です。

■ずっと放置していたサイトのinformationを(ごく一部ですが)、久々に更新してみました。(Click!)最近は同業者さんのなかにも、サイトを持たずブログやSNSのみという方も増えてきましたね。どうすべきか……と迷っているあいだに時代がひと巡りしてしまった感があります……。
[PR]
by interlineaire | 2015-09-02 22:41 | Comments(0)
<< 住吉周辺〜連休中のあれこれ。 懐かしい未来〜彦根さんぽ >>